サイエンス映像学会

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

at --:-- │ | スポンサー広告

昭和基地から帰国して1年ほど経ってから、書店で見かけ手に取った。
柴田さんの書かれた本だった。柴田さんは第47次隊同行者、私は第46次の越冬隊。
昭和基地からの帰路を共にした方だ。

この本を読んで初めて、柴田さんが南極観測と非常に深く関わってこられたことを知った。

南極といえば、のタロに会い、「その後のタロ」の記事も書かれたそうだ。
全国からタロへの贈り物が殺到したという。当時の記事を読んでみたい。

最近では、第45次隊越冬隊には、朝日新聞社の中山由美記者、武田剛カメラマンが
同行者として参加、活躍されたが、これも元は柴田さんの進言からだという。
2006年に国立科学博物館で開催された「ふしぎ大陸・南極展」は大盛況だった。
ふしぎ大陸南極展2006(朝日新聞社)

中山記者、武田カメラマンの活躍をご覧になり、南極への思いが強くなった
柴田さんは40年ぶりに昭和基地を再訪された。

「世界中を『南極』にしよう」では、30歳の柴田さんと70歳の柴田さんの対話が
しばしば登場する。柴田さん自身は全然変わっていない。
南極の自然(ペンギンを含む!)の大ファンであるし、
国境のない人類理想の地を世界に広げたいと精力的に活動されている。
南極に行った後輩として、柴田さんのようになりたいと思う。

世界中を「南極」にしよう (集英社新書 391D)『世界中を「南極」にしよう』
柴田鉄治著 (集英社新書)

JASTJのページに小出五郎さんによる書評があります。
Science Oasis サイエンス図書館 書評センター
http://science-oasis.tv/modules/amaxoop2/article.php?lid=14
スポンサーサイト

at 02:27 │ | 南極


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。