サイエンス映像学会

-------- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

at --:-- │ | スポンサー広告

昭和基地に到着して10日余りが過ぎ、大晦日となりました。
私達は砕氷艦「しらせ」に戻って、大晦日・元日を過ごしました(基地の管理は前の隊のお仕事)。

041231 大晦日

写真は海に張った氷、「海氷」の上を歩いて「しらせ」に向かう隊員の様子です。
「しらせ」は昭和基地のある東オングル島の、少し沖合いに停泊しているのです。

海氷上を移動する時には、足元に十分気をつけなくてはなりません。
場所によっては、潮の満ち干によってできる割れ目(タイドクラック)があるのです。
海に落ちると、海水の温度は-2℃程度。すぐに助け出せればよいですが、
命に関わる問題なのです。

さて、2005年1月1日になりました。甲板に出て外を眺めると、午前0時過ぎなのに太陽が見えます。
昭和基地は南緯69°に位置するため、太陽が沈まない「白夜」の日々が40日ほど続くのです。
つまり、昭和基地で元日に「初日の出」を見ることはできません!せっかく起きていたのに…。
050101 初日の出なし

話を戻します。上の写真で、「しらせ」が陸から離れた海の上に停泊していることが
分かって頂けると思います。甲板の向こうに見えているのは、輝く海面と、「しらせ」の航跡です。
砕氷艦の名の通り、海氷を割りながら、「しらせ」は昭和基地にやってきたのです。

050101 元日

こちらは元日の午前中の写真です。1日前はどんより曇っていましたが、お天気に恵まれました。
下船許可が出たので、海氷上の散歩や「しらせ」をバックにしての記念撮影を楽しみました。

スポンサーサイト

at 18:29 │ | 南極


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。